ビデオブログVLOGとは人気VLOGユーチューバーを見て勉強しようケイシーネイスタット他

VLOGという言葉を耳にするようになり2年ほど経過します。

VLOGとは、簡単に言うとビデオブログ。

テキストと写真などで構成するブログ(ウェブログ)と同様に、日常の出来事やその人が持つ情報、思ったことなどを動画にして配信されたものをVLOGと言うようです。

 

さて、そんなVLOGですが、今2018年はVLOGが大流行の兆しを見せているとも言われます。

スポンサーリンク

VLOGを始めるにあたってのプラットフォーム

VLOGとして公開されている動画はYouTubeで探せば無数に見つかります。

まさにブログ感覚で毎日アップするビデオブロガーの多さを思い知ることもできます。

VLOGをするならプラットフォームはYouTube一択でしょう。

 

VLOGでYouTube広告収益は考えないほうがいい

2017年の途中からYouTubeチャンネルにおける広告収入を得るための基準が変わりました。

YouTubeで動画から広告収入を得るには

チャンネル登録者数1000人以上

動画再生回数10万回以上

この両条件が揃って初めて広告掲載申請が可能となります。

 

初心者の収益化には時間がかかる仕組みになりました。

 

ユーチューバーなのかビデオブロガーなのか?

YouTubeで動画配信したいな、と考えると、おもしろ動画や衝撃動画、あるいはテキスト動画やゲーム配信など様々な方向性が見えてきます。

これからYouTubeで動画を配信したいけど、何からしていいのかわからない。そんな人こそVLOGスタイルで日常を切り取る動画に挑戦してみてはいかがでしょう。

もちろん、ゲーム配信のほうが好き、ゲーム配信のほうが収益化まで時短できそう、おもちゃ動画や幼児向け動画の作成のほうが収益化できている企業も多いため、収益を考えるならビデオブロガー的な方向性はやや遠回りなようにも見えます。

個人的には、先行するVLOGスタイルの動画チャンネルを多く見ることで動画編集のスキルやチャンネル運営のスキルなども身につくため、何をしたらいいのかわからない人こそVLOGスタイルのYouTube投稿を行っていけばいいのではないかと感じる部分が多いです。

 

顔出しすることで起こること

VLOGというと、基本は顔出し動画になります。

以前と違って「VLOGが大人のYouTube投稿の基本スタイル」として定着しいる層も多くなっています。30代から40代がVLOGの主力年齢層で50代、60代のチャンネル開設者も多く見受けられます。

そのため、今や顔だしたからなにか損するとか、顔だしたから登録者はファンが増えやすいなんてことも特に意識する必要はないように感じます。

どちらかというと、自分で自分の行動を俯瞰して見ることができるため、視聴者が少ないうちはどんどん顔出しして自身を観察する道具としてVLOGを配信するのも楽しいものです。

投稿した動画を見た人がどう思うかはそれぞれ個人個人違うため自身をさらけ出すことには抵抗もあるものですが、意外と共感してくれる人間が世の中にはたくさんいることも感じ取れます。

食事の動画やドライブの動画、仕事風景の動画や旅行の動画、中には出産シーンの動画や突発的な出来事の動画を見事に収めている配信者もいます。日常からカメラを回し動画を撮影する習慣ができているビデオブロガーだからこそできる珍事の動画も生まれてくるのかもしれません。

 

ちなみに、顔出ししてないVLOG主体のチャンネルも多いので無理に顔出しする必要はないでしょう。

 

何を配信すればいいのかわからない

動画の種類は千差万別です。

誰でも動画配信できるプラットフォームがYouTubeです。

動画のタイトルにVLOGと書かれているものもあればそうでないものもありますが、顔だして日常や、日々の出来事を動画として残し、知人や友人へ共有したり、初めて見てくれるYouTube視聴者とのコミュニケーションに活用する。そんな位置づけの動画が多いように感じます。

 

高評価と低評価とネガティブコメントをどうするか

VLOGスタイルの動画には意外と低評価やネガティブコメントはつきません。

とはいえ、YouTubeはどの動画も低評価ボタンがあり、コメント欄があります。どうしても低評価とネガティブコメントが嫌で気になる方はコメント欄を閉じたり評価集計を表示しない設置で動画公開するのもいいでしょう。

どちらにせよ、視聴回数が少ない動画には低評価も一桁つけばいいほうです。よほど批判的な内容や動画の内容が心理的にマイナス方向へ動くものでなければ低評価はつきません。

再生数が増えないチャンネル開設当初はなんの評価もつかないので逆に低評価でもいいから視聴者の反応がほしいと思うことすらあります。

ネガティブコメントはややこしいので基本的にネガティブコメントいれたアカウントは即ブロックが基本です。多くのユーチューバーの方々もネガコメが気になる人はそうしています。ネガコメも利用したい人はオープン、これが一般的です。

あまり評価は気にせず、自分が思うまま、今の自分が作れる動画をどんどんアップしていけばおのずと自身に合う動画のジャンルやスタイルも見えてくるのかもしれません。

何事もまずは行動ですね。

 

有名なVLOGユーチューバー

VLOGスタイルのユーチューバー(ユーチューバーの定義はチャンネル登録者数1万人以上と勝手に定義)は日本国内にもたくさんいらっしゃいます。

日本では2016年頃から流行し始めた、かっこいい音楽にきれいな映像をかぶせた編集が特徴的な今のVLOGスタイル。2018年の今でもこの洋モノサウンドにカット&おしゃれディゾルブによるつなぎが目立つ動画。

これらの走りとなのが2014年からケイシーネイスタットが始めた動画投稿スタイルとも言われています。

 

ケイシーネイスタット

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

ニューヨークマンハッタンのビルにオフィス兼スタジオを構えるユーチューバーで、チャンネル登録者数は2018年9月現在で1000万人を超す。ニューヨークマンハッタンでの日々の生活をvlogとして定期的に配信。スタジオでは主に最新機器の開封の儀やレビューを行っている。

2010年からYouTubeに動画を投稿し始める。最初の数年間は、自伝や、社会に対する不満をアニメーションなどで表現する動画が主である

2011年に投稿したBike Lanesという、ニューヨークの自転車レーンの不便さを、障害物に当たりまくるという方法で皮肉った動画が爆発的人気を呼び、iPodの動画に次ぐ大きな転換点だと彼自身も語っている。

2014年から、毎日の生活を10分ほどの動画でまとめるVLOGスタイルを始め、3年間で700万人以上チャンネル登録者数を伸ばした。現在ではカンファレンスなどにも多く参加しており、コンテンツクリエイターやアントレプレナーとして世界各国で公演をしている。そこへの移動等をYouTubeに投稿することも多い。

Wikipediaより

 

 

2014年からケイシーネイスタットのように動画編集スキルが高く洗練された映像を多用するVLOG。

そのような動画配信をするユーチューバーや動画配信者が急増しました。

 

日本のVLOGとして人気のYouTubeチャンネル

日本でも日本人ならではの景色や出来事を織り交ぜた日常の動画配信者は増加しています。

日本では特に、旅行、バイクツーリング、車中泊、ドライブ、購入レユーなどなどさまざまなジャンルでオシャレ編集を加えた動画が増加しています。もちろんオシャレで高度な編集を加えていないものでもVLOGというビデオブログに分類できるものがほとんどです。

 

VLOGが参考になるYouTubeチャンネル日本国内編

いわゆる有名な企画モノユーチューバーとは違い、個々人の見た日常、出来事を残す気になるVLOG系ユーチューバーをいかにまとめておきます。

探せばいろんな趣味趣向のチャンネルがありますが、以下、個人的に好きなチャンネルをまとめています。

※大食い、コスメ、グルメ、車系、企画モノなど何らかのジャンルに特化したチャンネルはここでは割愛します。

ビートないとー / Beat Naito

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

本記事執筆時点では一番カッコいいVLOGじゃないかと(筆者個人感想)感じるVLOGを拝見できるチャンネル。細かなカット、印象的なモーションエフェクト、空撮などなど非常に手間のかかる編集と撮影を盛り込みつつ、演者としての笑顔と喋りも清々しい。

 

drikin

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

サンフランシスコを中心に活動する日本人ドリキンさんのチャンネル。日本のVLOG好きのYouTubeチャンネル運営者には人気のチャンネルです。散財(さまざまなアイテムを購入されている)によるレビューや思ったことを情報共有するスタイルが人気。

 

winpyjiji

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

自身のことを「ジジイです」となのるジジイさんのチャンネル。DIYやキャンプ、ツーリングなど個人の趣味で日常を綴る動画が多いチャンネルです。年をとったから遊ばなくなるのではない、遊ばないから年をとるのだ。というヘッダー画像のメッセージに影響を受けた大人も多いのではないでしょうか。全体的に美しい映像に仕上げているのも特徴です。

 

のりごとー

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

DIYや商品レビュー、旅行や日常の出来事をしっかりとした編集、細かなカット撮影でつなぐVLOGを配信するチャンネルの中でも非常に人気の高いチャンネルです。YouTube歴は長く、過去の動画を見るとさまざまな企画動画にもチャレンジしている時代があり、人気のビデオブロガーになるまでは紆余曲折あったようです。サブチャンネルのラジオ(お友達のビートないとーさん(先述)と一緒にしゃべる)では聞き流しながらも参考になるYouTube運営で気になることを余すことなく公開しています。

 

ケニチKENICHI

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

大阪を代表するユーチューバーと呼ばれることもあるケニチさんのチャンネル。

VLOGというお洒落スタイルの動画ではないものの、基本的に日常の出来事(飲み歩き、旅行、バイク、料理などなど)を動画にして配信しているため自然体のVLOGスタイルと言っても良いはずです。ハイペースで配信するチャンネルです。この1年で10万人程度のチャンネル登録者数の増加を見せる人気チャンネルです。同世代の視聴者が多く、せんべろ、飲み歩きを真似て動画配信する人も増えつつあります。2017年1月度UUUMネットワークMVP

 

 

 

以上、

言い方を変えればほとんどのYouTubeチャンネルがVLOG的チャンネルと言っても過言ではありません。

ここでは代表的なVLOGケイシーネイスタットをはじめ、日本で気になるVLOGスタイルを持つYouTubeチャンネルを紹介いたしました。

※定期的に追記など更新します。

 

 

最後に、

繰り替えましますが、YouTubeで動画を残しておきたい、YouTubeでなんらかのコミュニケーションをとりたい。そんな人にはVLOGは最も気軽に始めることのできる動画配信スタイルであり、継続することで上記の先駆者のような編集スキルや企画スキル、演者スキルも身についていくのではないかと思えます。

 

気になる方は今すぐ動画配信、チャレンジしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました