YouTube動画の低評価が気になる視聴回数少ないのに低評価つくと傷つきますよね

こんにちは。

動画アップロードしてますか?

このページを見る方は何らかの動画を投稿されてるかと思います。

動画につく低評価

あんまりいい気がしないですよね。

  • 自分が好きなことヤッてアップした動画
  • 自分の思い出を記念にアップした動画
  • 自分がおすすめしたい商品を自分なりに撮影した動画
  • 驚きのシーンに遭遇したのでシェアしようと思って投稿した動画

まあ、いろいろあると思いますが、それなりに視聴回数が増えると低評価は必ずつきまとってきますよね。

高評価:低評価の割合で低評価のほうが多くなる。

参考になるだろうと思って投稿したのに低評価ばかり増える。

最初から低評価覚悟で投稿したけどやっぱり高評価少なすぎる。

 

などなど、低評価がつけばいろいろい考えてしまいます。

動画投稿初心者でチャンネル登録者も100人未満。

そんな弱小チャンネルの視聴回数も少ない動画になんでいちいち低評価とかつけに来るの?

そんなふうに思ってしまいがちですね。

スポンサーリンク

低評価がつきやすい動画の傾向

自分でもいくつかの動画で低評価がついてるので他の投稿者さんの動画などを見つつ、低評価がつきやすい動画の傾向を2つあげてみると

  • タイトルで釣りすぎor釣り気味
  • サムネイルで釣りすぎor釣り気味

 

この2つの条件があるとけこう低評価つきやすいですね。

これは問答無用ですね。

ブログなどでも同様、期待した中身と違えばアクションは誘発しやすいですからね。

タイトルで釣る、サムネで釣るのは王道

低評価がつくとはいえ、タイトルで目立たせ、サムネイルで目立たせる。

こういう細かな作業を重ねないと動画の視聴回数は増えにくいですし、YouTube投稿者としてチャンネルを育てたければこの部分のクリエイティブ作業も必須作業といえます。

なので、

低評価など無視!

低評価なんて気にしない!

慣れろ自分!

そう言い聞かせて釣りタイトルと釣りサムネイルでなんとかアクセスを稼ぎたいところですね。

でもね、

釣りタイトルやサムネ出すのはいいけど、動画の中身がうすすぎたり、中身がタイトルやサムネと違っていたり、、、そういうのがずっと続くと低評価はしばらくついても視聴回数もどんどん減っていったりもします。

そう、チャンネル離れを誘発するんですよね。

なので、タイトルやサムネで釣るのはいいけど、動画の質と内容もそれなりに伴ってないとファンは増えないし、ファンが増えなければ視聴回数や視聴維持率も悪化します

このように視聴者の行動が離れ気味になるとYouTube内検索での順位付けも悪化する傾向にあります。視聴者維持(動画視聴開始後どれくらいみてくれてるか?)はけっこう重要だったりします。

タイトルやサムネで釣ってるわけでもないのにつく低評価も多い

  • 普通に旅行の動画アップしてるだけなのに、
  • 普通にドライブしてる動画アップしてるだけなのに
  • 簡単に料理の動画アップしてるだけなのに、
  • 普通に喋ってるだけなのに、、

目立つつもりでもなく、押し付ける気もないそんな動画でも低評価がつきます。

そして動画の評価は最初に低評価が重なると後続の視聴者もそれにつられて低評価を押す傾向にあります。

こんな何の変哲もない動画に低評価押すやつってバカなの?

そう思ってしまいますよね。

いちいち低評価押しに来て性格悪すぎで友達もいないやつなんだろうな。。

とか

嫌がらせするくらいしかやること無いんだろうな。。

とか。

いろいろ思ってしまうこともあるでしょう。

確かに、嫌がらせで低評価押す人も少なくないです。

でも、一概にそれらの低評価を付ける人を馬鹿だの嫌がらせだのと決めつけるのも良くないです。

YouTube内検索や関連動画から自分のアップした動画にたどり着く視聴者、それまでの関連動画には高評価をつけたり、特に評価しなかったりで見てたけど、その動画を見たらなんだか低評価を残して行きたくなった。

だから低評価をつけてるんです。

低評価を付ける理由は様々

目立たせるつもりのないような動画に低評価をつけられてみて自分なりに分析したことを細かく列挙するといろんな理由が考えられます。

  • 喋り方がイマイチ暗い
  • 説明がわかりにくい(喋り&テロップ)
  • テロップが短時間過ぎて読めない
  • 大事なポイントの映像が短すぎる
  • ただただ動画が長すぎる
  • 求められてる情報に対して動画が短すぎる
  • 無駄にテンション高い喋り
  • ものの使い方や仕草(箸の持ち方、運転、歩き方、走り方、食べ方、服装などなど)

具体的に出てくるのはこんなとこです。

最後の「物の使い方や仕草」が全てといえます。

喋り方にせよ、自分の行動仕草にせよ、他人から見れば普通じゃなかったり、指摘したくなる行動だったりします。

別に悪いことしてなくても指摘コメント入ったりすることも多いです。

え、なんで?

と思うようなコメントが入ることで低評価がつく理由をなんとなく想像出来てしまうこともあります。

視聴者も投稿者も十人十色

人はみな考え方、行動、生き方すべてが同じではありません。

同じ人間でも思考や習慣にはけっこう大きな隔たりがあります。

だから自分が普通だと思った行動やそれを撮った動画に不快感を持たれてしまったり、反対意識を持たれてしまうことは普通にあると思ったほうがいい。

あなたは

自分はいちいち低評価なんてつけない!

と思っていても、他の人は低評価つけるのが当たり前と思ってる人もいるんです。

しょーもない動画わざわざあげんな!

的な低評価もあれば、

もうちょいちゃんと喋ろうね!

的なアドバイス心をもった低評価もある。

ちゃんとブレずに撮影せんかい!ボケぇ!

的な低評価もあれば

ブレすぎで見てる人酔っちゃうよ次は気をつけようね。

的な低評価だってあります。

後者に関してはそれこそ、いちいち低評価押すなよ!と言いたくなるところですが、こういうアクションをしてくれてる人は逆に低評価ポイントが改善されると高評価をやたらと押してくれる人にもなりえます。

結局のところ

人はさまざまなので、評価のアクションすらしない人のほうが多い中、いちいち高評価してくれる人がいます。これはこれで珍しい人たちなんです。

同様に低評価を押す人も視聴回数から見れば少数派なんです。

自分がアップした思い入れのある動画なのでいちいち低評価つけなくても、、と思いがちですが、アクションを起こしてくれるだけの材料が動画内容あるいはタイトルサムネなどにその理由が含まれている。

なので私は

評価アクションがつく理由は動画ページ全体にあるもの

と理解してます。

少ない視聴回数の中、わざわざアクションしてくれたんだから、なんらかの理由があるんだろうと真剣に考察します。

その結果、動画の質であったりタイトルや説明文であったりポイントを考えても考えても低評価の意味が理解できないときはこう考えています。

結局、よくできた動画と比較されている。

トップYouTuberさんが扱うものと同じ商品のレビューだったり、めちゃくちゃキレイに撮影編集された動画と同じジャンルの動画だったり。

そういうのって旅動画でも食レポでも商品レビューでも無駄に低評価がつきやすい。

それが今のYouTube環境なのではないかな?

と思います。

しょうがないです。

今の自分が出来る精一杯です。

そして何より

100%高評価なんてありえないわけです。

低評価のほうが多くなることもあるけど、そういう動画にも少なからず高評価を押してくれる人もいる。

低評価が増える動画に限って言えば、

その動画にあたたかいコメントや高評価を押してくださる方はきっとあなたのファンです。

ずっと動画をアップしてると少なからず好意的に自分を見てくれてる人もいるということが理解できるようになります。

なので、

低評価は気になりますが、自分を好意的に見てくれてる人もいることを忘れずに、より見やすい動画、より普通の動画を提供していけるように考えたいですね。

だらだらと長く書きましたが、

低評価であれ高評価であれ

その動画を見て何らかのアクションを起こしてくれる人

こういう人たちこをYouTubeを日々楽しんでる方々であり、自分の動画をわざわざ評価してくれる重要な人たちでもあります。

痛がらせコメントよりはまだ精神的にも楽なはずです。

自分なりの低評価コメントへの結論は

マイナス評価として見るのではなく、

動画見てアクションをしてくれた結果の行動

として受け止めるようにしています。

そうすることで次の動画での編集やカットなどに向上心を持つこともできたりします。

精神的なことなので簡単ではないです。

でもYouTube投稿続けたければ避けて通れない出来事です。

できるだけ前向きに捉えていきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました