YouTubeで自分の動画がまるごとコピーされて違法アップロードされた場合の対処法

自身で作成したオリジナルのYouTube動画。

そんな大事な動画が見ず知らずの他人に勝手にコピーされてYouTubeへアップロードされることがあります。

こんなとき、

YouTubeからこのようなメッセージが届きます。

ご自身のコンテンツが再アップロードされることにお悩みですか?
そんな方に朗報です。新機能のコピーライト マッチ ツールを使えば、YouTube で自分のコンテンツと一致する動画を自動的に見つけられます。一致結果を確認したら、対応を選択するだけです。

 

スポンサーリンク

違法コピーコンテンツのアップロードを削除する手順

 

上記のようなYouTubeからのメール

メッセージ内のリンクをクリックするとYouTubeStudio(管理画面)へ移動します。

 

YouTubeStudio「著作権メニュー」を開く

 

著作権違反の動画が自動的にリストアップされています。

 

 

削除オプションと同意事項に同意する

以下のような内容が記載されてるので該当項目をチェックして送信する。

削除するタイミング

スケジュールを設定:

7 日前の猶予通知を送信する

YouTube によるリクエストの審査後、アップロードしたユーザーが動画を削除して著作権侵害の警告を回避できるように 7 日間の猶予を与えます。アップロードしたユーザーが動画を削除しなかった場合、7 日後に動画は削除されます。

標準: 今すぐ削除をリクエストする

この削除措置は著作権の違反警告につながる場合があります。YouTube はリクエストの審査後に動画を削除します。

法的合意事項

私は、申し立てが行われたコンテンツの使用が、著作権者、代理人、法律によって許可されていないことを確信しています。

この通知に記載する情報は正確であり、虚偽の申告をした場合には偽証罪に問われることを認識したうえで、私は、自身が著作権者であること、または侵害されていると主張する独占的権利の所有者から代理権を許諾されている者であることを誓います。

所有権のないコンテンツの削除リクエストを送信するなどしてこのツールを不正使用した場合、YouTube アカウントが削除される場合があることを了解しています。

 

 

上記のような法的合意事項が表示されてるので、内容を確認し同意する必要があります。

 

 

デフォルトでは7日前の猶予通知を送信するとなっています。

標準は今スグ削除をリクエストするとされています。

 

 

 

  1. 同意事項にチェックし、署名に本名を入力(本名入力が必須です)
  2. 画面右上の送信ボタンをクリック

 

これで削除依頼を完了したことになります。

 

すぐに このようなメールが届きます。

 

削除依頼が完了すると

著作権の管理画面から「一致する動画」を見るとリストから対象動画が消えます。

申請した動画は隣の「削除リクエスト」のページにリストアップされています。

 

 

その後については管理画面で経過を確認できます。

タイトルとURLをコピーしました