YouTube投稿するための動画編集に必要なパソコンスペックMacそれともWindows?

YouTubeはスマホさえあれば、誰でも動画の投稿ができます。

編集だってスマホのアプリでいろんな表現ができます。

 

しかし、

細かなテロップを淹れたり、カラーグレーディングで動画の色合いを変化したり、

はたまた、フリー音源素材で面白いアクション音源を自由自在に挿入したり

動画の質を上げるために必要な作業において「動画編集」は非常に重要であり、大変な作業でもあります。

 

そんな重要で大変な作業を、軽快にこなし、高い表現力でさらなる動画品質向上を目指す場合、ハイスペックなパソコンは必須になってきます。

 

スポンサーリンク

動画編集(ユーチューバー向け)に必要なパソコンスペック

動画編集を行う場合、パソコンが処理する作業で非常に高スペックを必要とする処理がいくつかあります。

それは

レンダリングとエンコードです。

これらの重たい処理をサクサクこなすために必要なのは

  • 高いCPU処理能力
  • メモリー領域
  • グラフィックボード
  • 読み書きの高速な記憶媒体(SSD)

 

これらが必須となってきます。

 

 

より具体的に書くと

  • マルチコアマルチスレッドのCPU 第7世代以降のCore-i7
  • メモリー容量16GB以上
  • 上質なグラボ Nvidia RTX2060
  • M.2SSD

 

これから動画編集用にパソコンを選ぶなら

先に上げたパソコンのスペック

  • 第7世代のインテルCore-i7以上(第8世代、第9世代)
  • メモリーDDR4 16GB以上
  • グラボ RTX2060以上
  • SSDはより高速なNvMe対応

 

これ以下のスペックでパソコンを買っても10万円以上の出費が出ます。

新品で最新のインテル代9世代のCore-i7搭載マシンを選べば20万円程度の出費になります。

 

一番安いパソコンの構成を考えると

フルHDの動画編集なら10万円程度で構成されたパソコンでも処理はそこそこサクサクです。

例)

インテルCore-i7

メモリー16GB

グラボ GTX1050

SATA2のSSD

この程度の構成なら10万円を少し超えたくらいでかなり良質なパソコンが入手可能です。

 

YouTubeへアップロードする動画はフルHDがおすすめです。

4Kでアップすることもできますが、今は4Kで映像を見る人は少ないです。

そして、風景動画など映像の精細さを見せたい動画でもない限り4Kなんて不要です。

 

更に加えますと、

美麗映像で4K動画作っても、おもしろおかしくしゃべるだけの動画には再生回数で到底及びません。

YouTubeで収益化を目指すのであれば、視聴者との対話は必須です。

動画ですので喋りかけるようなシーンは重要です。

そんなシーンで必要な編集はテロップ挿入や効果音の挿入です。

 

これらの編集作業をサクサク行う程度であれば、先に上げた最低の構成スペックでも十分短時間で編集作業が行えます。

 

最低構成のスペックでは不足する動画編集

動画編集に慣れてくると、

こんなエフェクト使いたいな、、

こんな映像表現(色加工やクロップなど)してみたいな、、

スローモーションをうまく使いたいな

ワイプで自分の顔いれたいな

ゲーム配信したいな

 

などなど、

映像表現における幅広い世界観が目に付き、自分でもやってみたいな、と思うようになります。

また、エンタメ系の喋り専門の動画編集でも、国内トップのヒカキンさんや、レビュー系のトップカズチャンネルさんや、瀬戸康史さんなど、ただ喋ってるだけに見えるけど、かなり高度な編集が施されていたりします。

あのレベルの喋り動画でも多彩なエフェクトが施されているので、5分動画を作るなら最低スペックのパソコンでもなんとかなるものの、10分超えるような動画を編集するとなると高いスペックのパソコンが欲しくなります。

パソコンのスペックが低いままだと、それぞれの編集に時間がかかりすぎて、動画編集する時間が足りなくなります。

時間は有限ですからね、、。

 

推奨するパソコンスペックはこれ

初期段階の動画編集では、10万円程度のパソコンスペックでもなんとかなります。

しかし、動画編集を3ヶ月ほど続け、1年続け、と経験が増えるたびに

 

「あああ、このパソコンではしんどいなあ(T_T)」

みたいな感覚に襲われる機会が増えるはずです。

 

パソコンスペックは高いほうがいいに決まってますが、スペックの良いパソコンは値段も高くなります。

 

とはいえ、最低限の価格帯で動画編集パソコンを選ぶとなると価格帯で20万円~40万円程度のものを選べば、性能に不足を感じにくいものです。

MacならMacBook Pro15の上級モデルくらいが最低スペックです。

つまり構成次第ですが、価格にして40万円前後の価格帯になります。

iMacならもう少し値段を抑えて30万円前後で同等のスペックを購入可能です。

 

しかし、

Windowsパソコンならもっと値段を下げてハイスペックなモデルを買うことができます。

パソコン工房のゲーミングPCを選べば20万円前後から「数年使っても動画編集で現役クラス」なパソコンを買うことができます。

 

パソコン工房にはクリエイター向けPCという動画編集やCAD向けのパソコン、さらにはAIディープラーニング開発環境に適した超ハイスペックなパソコンなども用意されています。

ただし、このクリエイター向けパソコンは価格が非常に高いです(50万円~)。

動画編集におすすめなパソコンを選ぶには

動画編集で使うパソコンを選ぶ場合、

動画編集に使うソフトを何にするのか?もポイントになります。

 

Macの人ならFinal Cut Proが主流です。アプリが買い切りなので人気です。

 

しかし、動画編集をするなら、

YouTubeで収益化を狙ってチャンネル運営するのなら

最初からAdobe Premiere ProCCを使うことをおすすめします。

Premiere Proはパソコン工房でBTO(組み上げされた)パソコンとの相性が非常に良いです。

 

Premiere Proをある程度使えるように慣れば、動画編集でフリーランスの仕事を受注しやすい時代です。(大手YouTubeチャンネルの編集マンになるなど)

なので、コスパの良いハイスペックなWindowsパソコンを買ってPremiere Proを使い慣れていく。

これにより、あなたのYouTubeチャンネルも成長することでしょう。

最悪、YouTubeで花が咲かなくてもクラウドソーシングで動画編集の作業を受注したりできる。

 

動画編集用パソコンを買っても、その金額は比較的回収しやすい投資として見ることができます。

パソコン工房の動画編集向けゲーミングPCのラインナップ

 

おすすめはゲーミングPC

おすすめのパソコンはパソコン工房のLEVELというゲーミングPCです。

  • CPUがハイスペックCore-i7以上
  • メモリー16GB以上
  • グラフィックボードRTX2060以上
  • SSD搭載

この条件で探して19万円程度のモデルから40万円程度のモデルまでラインナップされています。

おすすめモデルは24万円くらいのモデルです。

毎年同じ価格帯で構成内容だけ新しいものになってます。

 

コスパがいいのがこの価格帯

価格24万円くらいのモデルが一番長く使えます。

私も2年前の24万円程度のモデルを使ってますが、

メモリーの増設とSSDはをNvMe化することで最新の30万円程度のモデルにも負けない処理速度を維持できています。

動画編集が非常に快適な環境が2年以上続いてます。

3年、4年と買い替えなしで使い続けれそうです。

 

他のメーカーでもBTO(組み立てモデル)がありますが、パソコン工房のモデルが一番良質な部品を使用して構成されてるように感じます(個人的主観です)。

 

 

パソコン工房の動画編集向けゲーミングPCのラインナップ

Macよりも安く、高性能な動画編集パソコンを入手できるのがパソコン工房です。

タイトルとURLをコピーしました