人気YouTuberになりたいなら6つの人気ジャンルを楽しもうジャンル別トップユーチューバーまとめ

こんにちは。

YouTubeへ動画アップして人気チャンネルになって収益をあげたい。

YouTubeをやる人なら少なからずそういう願望はあるはず。

もちろん純粋に動画編集が楽しくて、作った動画を人に見てもらいたいなんていう僕みたいなタイプも多いとは思います。

でも、そんな僕でも

あわよくば、

「YouTubeの再生回数伸びてお金たんまり入れば嬉しいなあ」

なんて思う事はよくあります(笑)。

スポンサーリンク

人気が出やすいYouTubeチャンネルのジャンル

みなさんはYouTubeで稼いでる人はどんなジャンルの動画をアップしてるかご存知でしょうか?

僕が調べた限りの2017年8月時点での再生回数が伸びやすいジャンルなどをいくつか列挙しておきます。

再生回数が伸びやすいジャンルや基本的なジャンルを6つに分けてみた

その1 ゲーム実況

ヒカキンさん、カズちゃんねるカズさん、ほか多くのトップユーチューバーも次々と参戦するゲーム実況。

もともと人気のチャンネルを持つトップユーチューバーが参戦する理由はひとつ。

ゲーム実況は儲かるから!

これに限ります。再生時間が他のジャンルに比べて伸びやすく日本以外の海外からのアクセスも増えやすいため人気ゲーム(マインクラフト、PUBGなどなど)の実況動画は無数に出てきてます。

YouTubeが2017年からゲーム専用のトップページを用意するほど熱が入ってるジャンルなので顔出しもせずにYouTubeで活躍したいならこのジャンルが一番入りやすいかもです。ただし、それなりのパソコンスペックや実況用の設備が必要になるので初期投資はそれなりに必要です。またNintendoクリエイターズプログラムへの参加や著作権に付随する公開不可のゲームにも注意が必要。

ゲーム実況の有名ユーチューバー

赤髪のトモ https://www.youtube.com/channel/UCEIMvzf3R9d3_2A3IAajvHg

兄者弟者 https://www.youtube.com/channel/UC2GuoutVyegg6PUK88lLpjw

金髪で有名なヒカルさんももとはゲーム実況の出身です。

その2 幼児向けおもちゃ遊び

アンパンマンリカちゃん人形など幼児向けのおもちゃを使ってただただ遊び続ける動画。これの再生回数は非常に伸びやすいです。

なぜなら、現代社会ではスマホやタブレットが普及しています。子育てしながら家事を行うママさんが赤ちゃんや小さいお子さんにiPadやiPhoneなどスマホさえ持たせておけば手が空くからです。

多くの幼児をお持ちのママさんにお話を聞くと、やはり最近の赤ちゃんや幼児たちはスマホ持つなりYouTubeを開くそうです。見てるのは多くがアンパンマンのおもちゃ動画。

海外でも同様にMARVELやユニバーサル映画などに出るキャラクターモノのおもちゃ遊びの動画が強烈な再生数を頻発しています。

さらに同年代の我が子を使って子供も出演するチャンネルは登録者も増えやすくかなりの収益を生み出してるチャンネルもあります。

子育て系YouTuberとして稼いだ勢いで一般のママさんにYouTubeでの稼ぎ方を教えるスクール系ビジネスを始める人もいるなどかなり熱い市場とも言えます。

ただ、参入障壁が低いせいもあってライバル急増中です。

老舗ちゃんねるも再生数を稼ぐため毎日2本~3本アップするなど収益を継続するにはけっこう大変そうです。

ちなみにこのジャンルはアンチコメントは完全削除が一般的なようです。

子育ておもちゃ系YouTuberチャンネル

キッズライン♡Kids Line

Kan & Aki’s CHANNEL

残されてるコメントが少ないのに再生回数がそれなりにあります。安定したファンが多いチャンネル運営の参考になります。

その3 いじり系&炎上系動画

いじり系というのは、有名なYouTuberのことをいじって喋る動画。そんな動画をメインに配信する投稿者を指します。有名所ではシバターさん、よりひとさん、YURAMEさん、KUNさんなど。アンチコメントも増えやすいため再生回数は伸びやすいです。

低評価やアンチコメントというのは動画投稿者にとってかなり精神的にダメージを受けるものです。多くのアンチコメントは10代など若い世代からつけられることが多く、予期せぬコメント内容にトラブルが発生することも多々あります。

いじり系を炎上系とも言いますが、炎上するような社会的モラルに反した行動をアップするような炎上はオススメしません。

こういう炎上はやめとけ

過去におでんツンツンや殺害予告系などモラルに反した動画が公開されましたが今ではGoogle側(YouTube)でそういった動画をアップするチャンネルには規制が入りやすくなってるようです。反社会的行動を拡散する行為は控えることをおすすめします。

いじり系YouTuberのチャンネルは国内のYouTubeマーケットを学ぶ上でとても参考になる情報もキャッチできることがあるので最初は嫌悪感を感じることもありますが見てると楽しいものですよ。

いじり系YouTuberチャンネル

よりひと 【いじり系youtuber】

PROWRESTLING SHIBATAR ZZ

KUN

個人的に好きないじり系YouTuberさん。彼らこそエンターティナーなのではないかな?と感じることも多いです。

その4 おもしろエンタメ系

多くの小中学生、キッズたちに大人気のジャンルです。代表的なYouTuberはヒカキンさん、はじめしゃちょう、東海オンエア、水溜りボンド、禁断ボーイズ、ヒカル、ラファエル、フィッシャーズ(敬称略)など。一人配信のタイプやグループで作品を編集して配信するものなどスタイルは様々です。

いわゆるYouTube界のスターダムですね。

有名YouTuberといえばこのジャンルに属するユーチューバーが思い出されやすいかと思います。

このジャンルで成功するには毎日投稿で毎日楽しんでもらえるような楽しい動画、編集が凝った面白い動画をアップし続ける決意が必要ですね。

まず面白い、人気が出る動画を作るのって簡単なことではありませんから、現在の有名ユーチューバーさんたちは並々ならぬ努力の末、今のステータスを手に入れてると見るのが正しいです。

最近ではプレゼント企画などを多用して強引にチャンネル登録者や高評価を買い入れする動きが流行していますが、配信者単体でキッズたちから人気を博すベテランYouTuberの新チャンネルもあったりします。

エンタメ系でチャンネル開設後短期間(1年や2年)で10万人登録を超えてるようなチャンネルには、過去に別チャンネルで人気があった、ニコ生で有名だった、ブロガーとして有名だった、読モやってた、など新チャンネルへ新たな視聴者を引き込む何らかの過去環境があるものが多いです。

無名の個人がいきなりエンタメ系で活躍できるなんてものではないので、このジャンルで頑張りたい場合は末永くやり続ける強い決心が必要なのではないかと思えます。

あと、美人、可愛い女子がいろいろ喋ったりする動画も人気を博しやすいですし、太ってるキャラ陰キャラなど様々な個性を表現する人も人気になりやすいようです。

エンタメ系人気YouTuberチャンネル(個人的に好きなチャンネル)

どのチャンネルも企画やカット編集が非常に優れています。見れば動画コンテンツを企画する際の勉強にもなりますよ。

美人可愛い系

てんちむCH/ tenchim

丸の内OL レイナ

ねこてん

2017年現在では童貞いじりなトークが再生回数を伸ばしやすいようです。

その5 ハウツー系

英会話のレッスン動画やDIY系の動画そして料理動画など。ハウツーの中にもジャンルは細かく様々なものがありますが、このジャンルは長期的に人のためになる動画という意味では、息の長い収益チャンネルになるという特徴があります。

有名なところではバイリンガールchikaさんのチャンネル。英会話をネイティブな発音で教えることが出来る日本人による授業が簡単に無料ネットで見れるわけです。便利ですし、学校では教えてくれなかった細かなニュアンスなどにも言及したりと視聴していて役に立ちます。

他にもメイク動画やダイエット、筋トレ動画など健康系のハウツー、ビフォーアフターは人気があるジャンルです。

また、釣り、パチンコ、車やバイクの整備やチューニングに関するDIY、自宅の壁紙やエアコン修理などのDIY、アクセサリーなど小物DIYなど、さまざまな配信者の好きなジャンルの作業手順動画がここ数年でどんどん増えてます。

ブログやサイトのページでは説明しにくい内容のものが人気を博す傾向にありますからまだまだ踏み込めるジャンルの隙間は多いです。

ハウツーDIY系YouTuberチャンネル

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

くまみき/Kumamiki

きまぐれクック

Peaceful Cuisine

男性向けのDIYよりも女性向けのハウツー系が人気しやすい傾向にあります。

その6 レビュー系動画

初心者がYouTubeを始める際に最もやりやすいのがレビュー動画なのではないでしょうか。

自分が買ったもの、使ってるものを用いて、

  • 何故買ったのか?
  • 買ってどう感じたか?
  • 開封する様子

などを分割して動画にすることもできます。

誰のサポートもない初心者YouTuber

そんな無名な配信者のことを見てくれる人はいません。

なので人気の商品名で検索経由で視聴者を集めるというネットビジネス界でいうとSEOという手法を使う必要があります

ファンやサポーターのいないチャンネルに人を集めるにはモノや道具の名称で閲覧をしてもらい、その結果その投稿者が気に入ってもらえればファンが固定化する。

こんな流れを生み出す必要があります。

最初はうまくできないレビューですが、エンタメ系みたいな喋くりをするよりはずいぶん簡単です。なので初心者向きなのはレビューかDIY系ではないかと考えられます。

個人的にも過去にそれなりの登録者を獲得できてましたので(数百人レベルですがw)比較的参入しやすいのがレビュー系です。

レビュー系YouTuberチャンネル

瀬戸弘司 / Koji Seto

カズチャンネル/Kazu Channel

参入はしやすいですが、人気者になるには非常に遠い道のりであるという認識も必要です。

 

以上、

おおまかにYouTubeチャンネルのジャンルを区分してみました。

どのジャンルにも人気者はいますが、無名でも好きなことして動画投稿や視聴者さんとのコミュニケーションを楽しんでらっしゃる方はたくさんいます

YouTubeはコンテンツ投稿先ですが、コミュニケーションをとれるSNSでもあります。

お金を稼ぐために始めるのもいいと思いますが、まずは投稿者であるあなた自身が動画を作って、その動画を見て楽しめるかどうか

そこが大事なポイントだと思います。

僕も基本的には自分で見て楽しいなと思えるからYouTubeやってます。

つまり、

自分で自分を見ることってけっこう楽しいのです。

もちろん顔出しなんかしなくてもいいし、してもいいし、どっちでもいいです。

自分で企画して、撮影して、編集して、公開する。

この手間を乗り越えた作品って、やっぱり見てると幸せな気分になれますよ。

最初のうちはジャンルも固定できないと思いますが、焦らずじっくり、YouTubeと動画作成を楽しんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました